一目で分かる!世田谷のデザイン住宅工務店ランキング

HOME > デザイン住宅情報 > 金額の調整が効くので予算に合わせて建てれる

金額の調整が効くので予算に合わせて建てれる

自分の家を購入するというのは誰もが夢見る一大イベントの一つです。そんな中でも自分の思った通りの家を建築することが出来る注文住宅は家づくりにこだわる人にはぜひ検討してもらいたい家の建て方の一つです。そんな中に出会いん住宅というのがあります。
しかし、このデザイン住宅という言葉に明確な定義は今のところありません。注文住宅の中でも特におしゃれな外観に仕上げることが出来るようなものをハウスメーカー側はデザイン住宅と呼んでいます。

デザイン住宅をはじめとする自分で外装や内装の希望を建築する側に伝えて建設する、いわゆる注文住宅という立て方の大きなメリットは先ほど書いた通り自分の理想通りの家が建築できるという点です。一軒家にはもう一つあらかじめ建築されている家を購入する建売住宅という形態があるのですが、こちら側はあくまでもハウスメーカー側が設計、建築した家なので近隣の家はどれも似たようなものになります。
一方、注文住宅やデザイン住宅であれば周りの環境を損なわない程度であれば隣近所とは全く違うコンセプトの家を建築することが可能です。しかし自由に家が建築できるということはオーダーメイッドで家を建築するという事になります。ですからこだわりを持って注文を増やせば増やすほど費用は高額になります。基本的に同じ規模の家であっても注文住宅やデザイン住宅の場合は建売住宅よりも費用が高くなることが多いです。
しかし、この自由に設計できるという注文住宅やデザイン住宅のメリットを逆手に取れば予算を大きく下げることも可能です。

田ている住宅はハウスメーカー側が設計して建築するのでどうしても必要のない部分が出てくることがあります。
つまり注文受住宅やデザイン住宅を設計するときに不要な部分を省くことで金額調整をすることが可能というわけです。例えば、建売住宅の場合、ほとんどが二階、ないし三階建てですが、二階や三階にするとその分建材が必要なので費用が高くつきます。土地に余裕があるのであれば平屋にすることによって二階、三階分の建材が必要なくなるので予算を押さえることが出来ます。二階建てにする場合も不揃いな二階建てよりも一階と二階の大きさを同じにした方が建築コストは安くなります。また、部屋の仕切りは極力減らした方が建具屋扉の費用を減らすことが出来てコストダウンになります。例を挙げると、子供部屋は小さいうちは個室にする必要がないため大きくし、将来大きくなったら後付けで間仕切りできるようにしておけば建具が必要なくなります。
細かい予算調整をすることで最終的に百万円単位でコストを下げることも可能です。

次の記事へ

ページトップへ